再生可能エネルギー

再生可能エネルギー

アヴェダは、化粧品業界で初めて風力発電で製品を製造*。

米国ミネソタ州の主要製造施設、本社、アヴェダ インスティテュート ミネアポリスで使用されるエネルギーは、風力エネルギーを購入することで、100%オフセット(相殺)しています。また、ネイティブ エナジー社(Native Energy)から風力エネルギークレジットを購入して、ニューヨーク市にあるアヴェダ直営のエクスペリエンス センターやアヴェダのサロンおよびインスティテュート(美容学校)で使用されるエネルギーもオフセットしています**。

その一方で更に、地元電力会社であるエクセル エナジー社(Xcel Energy)のWindsource®という代替エネルギーを購入することで、使用したエネルギー量に相当する風力発電の開発を支援。これによって二酸化炭素排出量を抑える努力もしています。なぜなら、風力エネルギーは二酸化炭素や二酸化硫黄などを大気中に排出することなく生産され、水を使用せず、生産時の汚水処理も必要ないからです。

アヴェダは、このように電力を必要としているところで利用できる風力エネルギーの量を増やしています。